即日キャッシング低金利・無利息。今すぐ借りたい時のおすすめは?

クレジットカードでお金借りる方法を徹底解説!

お金がない!というときの強い味方、クレジットカード。

クレジットカードがあれば手持ちが足りなくても、ショッピングが可能ですよね。
でも、じつはクレジットカードはショッピングだけでなく、現金を引き出す”キャッシング”機能も併せ持っています。

 

ただし、クレジットカードのキャッシングはだれでもすぐにできるわけではありませんし、使い方を誤ると、返済額が手数料や利子で膨らんで大変なことになることも。
そこで今回は、クレジットカードでお金を借りる方法や、返済額をできるだけ抑える方法、キャッシングにオススメのクレジットカードを比較・検証していきます!

 

あなたのクレジットカードの”キャッシング枠”がついていれば、今すぐお金を借りることができます

クレジットカードでお金を借りるための必須条件とは、カードに”キャッシング枠”が付帯していることです。
申込時にキャッシング枠を設けるかのチェックがあり、そこで申し込みをして審査を終えている場合に、ショッピング枠とは他に”キャッシング枠”が設定されます。
そのため、全員のクレジットカードに”キャッシング枠”がついているわけではないんです。

 

クレジットカードのもう一つの機能”キャッシング枠”がついているかどうかは、申し込み時の契約書や、オンラインの会員ページなどで確認することができます。
あなたのクレジットカードにはついていますか?

 

もし、ついていたなら、街中にある提携ATM、コンビニATM、キャッシュディスペンサー(通称CD)から、今すぐにでもお金を借りることができます。
急ぎでお金をかりたい人は、→コチラ←を参照してみてくださいね。

 

クレジットカードの「キャッシング枠」とは?

”キャッシング枠”とは、そのままお金が借りられる金額の制限(枠)を意味します。

つまり、”キャッシング枠15万円”の場合、限度額15万円までの範囲でお金を借りられるということです。
5万円だけ借りる、ということはできても、20万円は限度額を超えているため借りられません。

 

そして、キャッシング枠は、クレジットカードそのものの限度額内で利用し、その分ショッピング枠が減少する仕組みです。
わかりやすい図を用意しましたので、下記を参考にしてくださいね。

 

利用限度額

キャッシング枠

ショッピング枠

 

たとえば、クレジットカードの利用限度額が30万円だったとしましょう。
キャッシング枠の限度額が20万円あったとしても、すでにショッピングで20万円カードを使用している場合、残りの10万円分しか借り入れることはできません。
逆に、すでに20万円キャッシングしている場合には、ショッピング枠は10万円ということになります。

 

クレジットカードを生活費の支払いに使用している人はキャッシングしすぎに注意!

ふだんの生活にクレジットカードを頻繁に利用している人は多いと思います。
クレジットカードを使えば、その分ポイントやマイルも貯まり、非常にお得なことも多いですよね。
そういう人は、クレジットカードでキャッシングをしてしまうと、肝心の支払いがクレジットカードでできない!ということもありえます。

 

  • クレジットカードで生活費をやりくりしている人
  • クレジットカードで大きな買い物をしがちな人
  • クレジットカードの引き落としに間に合わせるためにキャッシングがしたい人

 

以上のようなタイプの人には、むしろキャッシング枠を利用してお金を借りるのはあまり得策ではありません。
そういう方にオススメなのは、消費者金融のキャッシングや銀行系カードローンなどの別口で借入をすること。
そうすれば、カードの限度額が減ってしまって不自由をすることもありませんし、クレジットカードの分割手数料やリボ払い手数料、高い金利で返済額が大きく膨らむこともないでしょう。

 

クレジットカードのキャッシングが向いている人

クレジットカードでお金を借りるのに最適なのは、以下のような人です。

 

  • すでにキャッシング枠のついたクレジットカードを所持していて、急いで今すぐお金を借りたい人
  • クレジットカードは普段の生活費には使用していない人
  • クレジットカードの限度額が高めに設定されていて、キャッシングしても不便がない人
  • クレジットカードの引き落としに問題がない人

 

このような条件であてはまる場合でも、人によってはクレジットカードでお金を借りるよりほかの方法を試したほうがいい場合もあります。
なぜなら、基本的にクレジットカードのキャッシングは、そもそも金利が高く利子がふくらみやすい上に、返済がリボ払いや分割払いになるとその分手数料がかかってしまうからです。

 

クレジットカードのキャッシングの返済額にかかる手数料や利息

クレジットカードのキャッシング返済の方法は2種類。
一括払いと、リボルビング払い(元利均等返済方式)、いわゆるリボ払いから選ぶことができます。

 

クレジットカードでショッピングをしても、一括払いや2回払いまでなら手数料はかかりませんよね。
しかし、じつはキャッシングでお金を借りた場合は、一括払いで返済しても利子(利息)をつけて返済する必要があります。

 

また、一括ではなくリボ払いにして分割して支払う場合には、さらにカード会社所定のリボ払い手数料も必要です。
一括払い、リボ払いの場合でのそれぞれの返済額を確認してみましょう!

 

クレジットカードのキャッシングを一括払いで返済した場合の手数料(利息)

先述したとおり、たとえ一括払いでも、ショッピングでの利用とは違い、利息が発生します。
クレジットカードキャッシングの金利は、おおむね18.0%。(100万円以上の高額キャッシングは15.0%のことも)

 

手数料(利息)の計算方法は以下の通りです。

 

借入したお金 × 金利 ÷ 日割365日 × 借入からの日数 = 利息(手数料)

 

たとえば、30万円キャッシングして、一か月後に一括で返済した場合の利息は、
300,000円×0.18÷365×30=4,438円
となります。

 

金利は日割りで計算しますので、1か月と待たずに1日でも早く返済したらその分手数料は引き下げることができます。
30万円借りて、1か月後の利子が4438円なら、そうめちゃくちゃ高くて支払えないということはないかと思います。
ただ、これは一括で返済できた場合。
返済期間が延びていけば、その分利子は膨らんでしまいます。

 

クレジットカードのキャッシングをリボ払いで返済した場合の手数料(利息)

まず、リボ払いの場合も、設定されている金利自体は、一括払いの場合と同じです。
ただ、リボ払いには、リボ払い手数料が設定されており、これはカード会社によって異なりますがおおむね上限金利である15.0%に設定されていることがほとんどです。
つまり、一括払いでもかかる所定の金利18.0%+リボ払い手数料15.0%が必要になるということ。

 

リボ払いの特徴は、返済を毎月一定額に指定できることです。
毎月決まった額が引き落とされるため、マネープランが立てやすく、毎月の負担が小さいため、ムリなく返済を続けることができるという利点があります。
しかし、返済額は、一括払いに比べて大きく膨らみます。

 

30万円クレジットカードでキャッシングして、リボ払いで毎月1万円ずつ返済した場合の返済額とかかる期間はなんと、
返済総額401,523 円、返済回数41 回(4年1か月)にも上ります。
そう、30万円借りたら、なんと10万円以上の利息・手数料がかかるのがリボ払いです。

 

いわゆるリボ払い地獄とも呼ばれる状態ですね。
もちろん、毎月の返済額を大きく設定しておけば、もっと返済額は小さくなります。
しかし、返済計画に無理があって、またキャッシングをしてしまう……ということでは、いつまでたっても返済が終わらない、なんてことにもなりかねませんよね。

 

消費者金融や銀行系カードローンに申し込む余裕がある人は、クレジットカードのキャッシングを利用しないのも手

ご覧いただいたとおり、クレジットカードのキャッシングは、新たな審査や申し込みが不要なことを除いては、そこまでメリットがないというのが現状かもしれません。

 

銀行系カードローンなら、金利はクレジットカードよりも圧倒的に安いです。
消費者金融のキャッシングには、多くの会社で一定期間利息が無料になる無利息サービスがあります。

 

また、クレジットカードのキャッシング枠を使ってしまったことでショッピング枠が減額されてしまいカードが使えない!なんてことにもなりません。
お金を借りるまでに余裕がある人は、ぜひクレジットカードのキャッシング以外の方法も検討してみてください。

 

即日融資OKキャッシング・カードローンランキング

 

とはいえ、やはりクレジットカードのキャッシングにもメリットも

消費者金融や銀行系カードローンとはちがい、クレジットカードは持っていてもキャッシングを利用しているとはわからない点は魅力です。
また、審査の際の職場への在籍確認が、もし万が一勘づかれてもクレジットカードならそんなに困ることはありませんよね。
家族にも、キャッシングやカードローンは知られたくない、クレジットカードなら融通が利くという人もいるでしょう。

 

そんな人にオススメな、キャッシングに最適なクレジットカードを厳選して紹介します!

 

即日審査・即日発行可能なキャッシング機能付きクレジットカードランキング

今回のランキングのポイントは、クレジットカードでお金を借りたい人に共通する即日融資OKという点!
クレジットカードは、消費者金融などに比べると、まだまだ即日融資には対応できていないところが多いのが現状です。
その中でも、クレジットカードとしてもキャッシングとしても使い勝手がいい2社を照会します!

 

アコムACマスターカード

カード受取可能時間 メリット
9:00〜21:00/年中無休(年末年始は除く) 最短、即日クレジットカード受け取りが可能。パート、アルバイトでもカード発行可能!

 

【特徴】
・最短、即日で(その日のうちに)クレジットカードを受け取りが可能。
・国際ブランドのMasterCardのクレジット機能が付いて、年会費無料
・インターネット上で、カード発行可能か3秒で診断でき、24時間申し込みできます。
・一定の収入があれば、アルバイトやパート、派遣・主婦の方でも申し込み可能です。
・利用明細の自宅郵送を無しにできる。家族等に利用を知られることもありません。(利用明細は店頭窓口、ATMで受取りやホームページ確認が選択できます)

 

 

即時審査、即日融資はアコムならでは!全国に店舗や自動契約機があるからスピーディー

アコムACマスターカードは、誰しもCMなどで目にしたことがある消費者金融アコムのクレジットカードです。
最短審査30分、1時間以内に借入可能なアコムのノウハウを生かした、即日融資、スピード審査が何よりの特徴といえます。

 

クレジットカードを即日で手に入れることができる会社は非常に限られています。
次に紹介するエポスカードを除くと、有力なのはアコムACマスターカードに限られると言っても過言ではありません。
エポスカードは、マルイがある都市部の人に利用が限られてしまいますが、アコムなら全国の地方にも自動契約機がいたるところにあります。
ですから、地方在住で即日融資、即日カード発行が必要な方にはアコムを強くオススメします!

 

アコムACマスターカード利用時の注意点

ただ、アコムは基本的に返済が自動的にリボ払いとなるカードという点には注意が必要です。
これは、ショッピング利用時でも同じで、たとえレジで一括払いで購入しても、返済はリボ払いになってしまいます。
もちろん、返済額が増えることを承知の上であればこれ以上ないほど便利な機能。
しかし、一括払いにするためには、以下の2つの方法をとらなくてはなりません。

 

ショッピングを含め、毎月のリボ設定額以下の利用に留める

隔各月20日までに利用した全額を翌6日までに一括払いで支払う

 

うっかりしているとリボ払いで余計なリボ払い手数料がかかってしまった、ということにもなりかねません。
アコムACマスターカードをオトクに使うためには、少し手間がかかる、という一面がありますね。

 

エポスカード

カード受取可能時間 メリット
マルイ受取りなら即日 入会時ポイント付与

マルイ店舗受取りで即日発行が可能!カード受取後、すぐにキャッシング・分割払いでの買い物ができます!年会費は永年無料で、7,000店舗のレストランやカフェ、ホテルなどで割引が受けられます!
今ならネット限定!新規入会&利用でエポスポイントプレゼント!マルイのショッピングですぐに利用できるので、Net申し込みをしてそのままマルイでお得にお買い物ができちゃうおトクなカードです!
【特徴】
・マルイ受取りなら即日発行可能
・全国7,000店舗で優待特典が受けられる
・今ならエポスポイントプレゼント

マルイの店舗で即日カード発行!マルイのクレジットカード

マルイが近くにある、マルイでよくお買い物をする人には最適なクレジットカードです。
また、キャッシングというイメージもありませんので、キャッシングがバレてほしくない人にもオススメですね。

 

今なら、エポスカードを発行するだけで2,000円分のポイントがもらえるキャンペーンも実施しています。
また、全国の提携店舗10,000店以上で優待が受けられる、独自のショッピングサイト「たまるマーケット」の利用でポイントが高率還元されるなど、使いようによってはとても価値のあるカードです!

 

即日カード発行はマルイ店舗受け取りのみ

エポスカードを即日受け取るためには、自分でマルイのカウンターまで赴く必要があります。
もちろん、郵送でのカード送付も行っていますので、即日でお金を借りる人以外にはデメリットではありませんが……。
たとえば、明日から急な出張でそれまでに用意したい!という人には、マルイの近くに住んでいる必要があるなど、制約もありますね。

クレジットカードでお金を借りる方法を解説!

キャッシング枠のあるカードが手元にある人のための、今すぐお金を借りる方法を紹介します。

 

クレジットカードのキャシングに使用できるのは、以下の二つです。

 

  • 提携銀行のATM
  • 提携会社のキャッシュディスペンサー(通称CD)

 

銀行ATMが締まっていても、コンビニATMや、店舗にあるマルチメディア端末でも利用が可能。
そのため、ほぼ365日、24時間でクレジットカードでお金を借りることが可能と言えますね。

 

ATMを使用したキャッシング手順

  • ATMのメニューから「お引き出し」を選んでタッチする
  • クレジットカードを差し込み口に挿入
  • 契約時に設定した暗証番号を入力する
  • メニューから「お借り入れ」を選択する
  • 返済方法を選ぶ(「1回払い」、「リボ払い」いずれか)
  • 「お借り入れ金額」を入力する
  • カード・ご利用明細・現金を回収する

 

手順自体は、ATMの指示に従っていくだけで、ほぼキャッシュカードで銀行口座からお金を引き出すときと同じと言っていいでしょう。
唯一ちがうのが、返済方法を一括払いかリボ払いか指定する点。
うっかり間違った方法を選んでしまうと、後々自分で返済方法の変更が必要になりますので、注意して選んでくださいね!
なお、キャッシュディスペンサー(CD)でお金を借りる場合も手順や手続き方法はほぼ同じです。
ただし、キャッシュディスペンサーは借入のための機械のため、返済はできません。

 

まとめ

クレジットカードでお金を借りるときの注意点や手順、おわかりいただけたでしょうか?

私自身、クレジットカードでキャッシングしたことは何度かあります。
しかし、はっきり言って、ショッピング分と合わせて返済していくのはあまり楽とはいえませんでした。
後程、クレジットカードの引き落とし、返済が足りずに消費者金融のキャッシングを利用してかなり使い勝手が良かったため、個人的にはクレジットカードのキャッシングはそこまで強くオススメはしません(^^;)

 

クレジットカードの引き落としができないような状態になってしまうと、新たにクレジットカードや消費者金融のキャッシング、銀行系カードローンに申し込んでも審査にとおりにくくなってしまいます。
ですので、今支払いに困っている、という人は、早めに手を打って、まずは消費者金融に申し込んでおく、というのも一つの手だと思いますよ!
そうすれば、毎月少しずつの返済でも、高いリボ払い手数料を支払わなくていい分、総額ではずっと安く返済額が済むことになります。

 

とはいえ、やはり手持ちのカードで急ぎお金が借りられるのは心強いですよね!
今あるカードでキャッシングしたら、できるだけリボ払いにせず返済してしまい、オトクにクレジットカードを使いこなしましょう。

 

即日融資OKキャッシング・カードローンランキング