今すぐお金を借りたい時は

 

今、どうしてもお金が必要!
すぐにお金を借りる事ってできないかな?
今回はそんなお悩みにお答えします。

 

 

リサーチによると、今すぐお金を借りたいと思う時で多いのが

 

 生活費が急に足りなくなった時
 学費・教育費が必要になった時
 事業資金が必要になった時
 急な引越しなど住居費が必要な時
 示談金などトラブルが発生した時
 車の修理など交通手段による出費

 

このような時貯金をしないでお金を使っていると手元に全くお金がなくてあせりますよね。

 

今すぐお金が必要な場面で、誰かに借りずになんとかしようと思ったら、キャッシングが一番便利なのですが、キャッシングで重要なのは、「今すぐにお金を借りられるかどうか」ということ。

そこで、当サイトでは確実に今すぐお金を借りる方法について詳しく紹介します。

 

 

即日でお金を借りる方法

 

 

まず、お金を借りたいと思った場合に対応してくれる融資元を一覧にしてみました。

 

緊急時に審査の時間が長かったり、頭を下げてお願いしに行くのは大変ですよね。
この中でも今すぐ簡単にお金を借りやすいのが消費者金融といえます。

 

融資元 即日 限度額 条件
消費者金融 〜800万円 安定収入
銀行ローン 不可 〜800万円 銀行口座
信販会社 可もあり 信販会社による 安定収入
生命保険契約者貸付 保険次第 保険加入
公的貸付制度 不可 制度次第 制度次第
質屋 物による 売れる商品
警察 1000円 返済能力
アルバイト前借り 働き先次第 働き先次第 就労能力
定期預金担保貸付 銀行による 預金能力
親・知人 親・知人次第 親・知人次第 親・知人次第

 

 

今すぐお金を借りるための条件

 

 

即日でお金を借りるための基準や条件は融資元によって違いがありますので見ていくことにしましょう。

 

消費者金融のキャッシング

 

今すぐお金を借りたい!と思った時に即日で融資してもらえるのが消費者金融のキャッシング
消費者金融が承認が最短で30分からなど、スピードにおいてはダントツで早いです。
しかも、最近ではパソコンやスマホのアプリでも簡単に申し込みができるようになったので今すぐお金を借りたい人の強い味方となっています。

 

即日キャッシング・カードローンを比較してみた

 

しかし、誰でも今すぐお金を借りることができるわけではありません。
すぐにお金を借りるためには貸付条件があります。

 

・安定した収入が自身にあるかどうか
・他社からの借り入れが年収の3分の1以上にならないか

 

キャッシングでお金を借りるためには審査がありますが、上記の2点が審査でチェックされ、条件を満たしていればお金を借りることができます。
自分自身に収入のない人は契約することができません。

 

それ以外の方なら契約が可能です。正社員じゃなくても、アルバイトやパートでも問題ありません。

 

上記の条件を満たしている方がすぐにお金を借りるためには準備が必要です。

 

今すぐお金を借りるのは難しい条件もいくつかあります。
例えば、現時点で3社以上のキャッシングやカードローンでお金を借りている方も難しいでしょう。
また、貸金業法によって個人が行う借り入れ金額が年収の三分の一以上になると融資が受けられない総量規制クレジットカードによる商品購入にかかわる割賦販売法も視野に入れて審査されますので今すぐにお金を借りたい場合はきちんと必要な書類をそろえて申し込みをするようにしましょう。

  • 夜20時頃までにはインターネットから申し込みをしておく
  • 書類のミスがないか確認しておく
  • 在籍確認が可能かどうか確認しておく

消費者金融の即日融資はほとんどが21時まで。間に合わない場合は翌日になります。
土日祝でも同じ時間までですので、今すぐにお金を借りたい方は、とにかく21時までに本審査を受けるようにしましょう。

消費者金融は土日祝や夜間でも即日融資が可能


お金を借りる、お金のやり取りをする、となるとどうしても銀行と同じような営業時間をイメージしてしまいがちですが、消費者金融の契約やキャッシングは土日祝、夜間でもOK。場合によっては24時間365日お金を借りることができます。


審査も、土日祝も平日と同じように21時まで審査を行っています。
夜間も消費者金融では審査をしてくれているので、仕事が終わってから手続きしても間に合います。
ただし、在籍確認だけは必要なところが多いので気をつけましょう。
消費者金融が受けつけていても、会社の営業が終わっていては意味がありませんよね。
会社の営業が終わってしまっている場合や、土日祝は対応していない会社は在籍確認代わりに社員証や給与明細を持参しましょう。
中にはそれでも契約可能な消費者金融もありますので、前もって確認しておけば便利ですね。

 

銀行のカードローン

 

銀行のカードローンは2018年1月より即日融資が停止となってしまいました。

 

2017年までは、銀行内に消費者金融同様の無人契約機を設置し、消費者金融同様に夜間でも契約をすることができるにもかかわらず、金利は消費者金融より低めに設定されていてお得だったのですが、銀行は申込者の情報を警察庁データベースに照会しなければならなくなったため即日キャッシングは事実上不可能になってしまいました。

 

銀行の申込者が反社会的勢力とつながりがないかどうか、必ずきちんと確認することが義務付けられたため、実質即日キャッシングは難しくなったということです。
どうしても信用の面や金利の安さで銀行のほうがいいという方は、銀行の審査を受けながら消費者金融で今必要なお金を借りておき、銀行の審査が通った時点で借り換えるという方法がベストです。

 

銀行 金利 審査 限度額
三菱東京UFJバンクイック 1.8〜14.6% 2日 500万円
三井住友銀行 4.0〜14.5% 2日 800万円
みずほ銀行 2.0〜14.0% 2日 1000万円
ソニー銀行 2.5〜13.8% 7日 800万円
セブン銀行 15% 2日 50万円
じぶん銀行 2.1〜17.5% 2日 800万

 

 

信販会社のカードローン

 

信販系のカードローンは銀行の金利より高いですが、消費者金融の金利よりは安く設定してあることがあります。
しかし、信販会社には独自の審査基準があり、消費者金融のように即日カード発行→融資という流れではなく振込依頼をしなければなりません。

 

現在はオリックスVIPカードローンなら即日で融資可能となっています。

 

 

 

 

生命保険の契約者貸付

 

生命保険会社にもよりますが、契約者に保険金を担保とした貸付をする商品を設けているところがあります。
融資金額は保険の契約日数によって違いも出てきますが、長く契約していればより多くの金額を今すぐに借りることができる場合が多いです。

 

ただし、せっかく掛けておいた保険金が少なくなりますし、少額融資になることが多いので希望する金額を借りたい方には不向きといえるでしょう。

 

 

定期預金担保貸付

 

定期預金をしている銀行口座がある場合、その定期預金を担保に今すぐお金を借りることができます。
キャッシングでお金を借りることができない専業主婦の方にとっては便利です。
しかし、前もって定期預金をしていなければ当然借りられませんので、今すぐお金が必要な場合は不向きです。

 

警察

 

警察から1000円と少額ですがお金を借りることができることをご存じでしょうか?
交通費程度の金額ではありますが、いざというときに役に立つ方法だと思います。
ただし、返済しないと即逮捕です。

 

 

 

 

質入れ

 

最近は質をいう言葉をあまり使わなくなったようですが、質とは自分が持っているものを預けることで今すぐにでもお金を借りられる融資方法です。
期日までに借りたお金を返済できれば商品を取り戻すことができます
高級品、ブランド品を持っている方は多めに借りることができるかもしれませんので利用してみてください。

 

 

 

 

 

アルバイト前借り

 

学生さんの場合は特にご両親にお金を借りるを知られたくない方も多いと思います。
そんな時はアルバイト先にお給料を前借りできないか聞いてみるのも一つの手です。

 

学生の時は、できるだけ自分で稼ぐことを優先させましょう。
アルバイトを継続していると、いざとなった時に融資を受ける場合に安定収入があるとみなされ、お金を借りやすくなります。

 

親・知人からの融資

平気で家族、親戚や友達からお金を借りる人もいますが、これには注意が必要です。

 

特に、今すぐお金が必要だからといってすぐにお金を借りようとする人とはあまり付き合いたくないと思っている人も世の中には多いです。
今まで培ってきた大切な信頼関係が壊れる恐れがありますので、どんなに今すぐお金を借りたいと思っても、友人や知人に借りることは避けたいですよね。

 

そんな時には、即日キャッシングを利用するのが一番迷惑がかかりません。
いざというときのためにキャッシングできるカードの1枚は、準備しておいてもいいかもしれないですね。

 

即日融資OKキャッシング・カードローンランキング

 

今すぐお金を借りたい人の限度額

今すぐお金を借りたい人の金額って、おそらく100万単位のような大きな金額ではないことが多いと思います。

 

友達の結婚式、出産祝い、誕生日等々、付き合いなどで緊急に必要になった場合に今すぐお金が必要なことが多いですよね。
そんな時、少しでも有利にお金を借りたい場合はできるだけ低い限度額を提示しましょう。
基本的に、初めてお金を借りる人の上限限度額は50万円以下が多いです。
50万円を超えると収入証明が必要になってくるところもありますし、また50万円超えとなると審査する項目も変わってきます。となると、どうしても時間がかかってしまいますよね。

 

初めて即日キャッシングを利用する人はなおさら、50万円以下で設定するようにしましょう。
理想は、10万〜20万の間で申込みをするのが最も貸しやすいと思います。
10万円で申請しても、20万円になることが多いので、そのあたりが初回の最も審査しやすい金額なのかな?と思います。
今すぐお金を借りたいと思っている方は、できるだけ必要最低限の金額のみを申請するようにしましょう。

 

 

今すぐ借りたくでも借りられないのはどんな人?

即日キャッシングが利用できる人は、20歳以上の自身に収入がある方が条件のところがほとんどです。
年齢よりもどちらかというと仕事の問題の方が大きいと思いますが、当然無職の場合は契約することができません。

 

  • アルバイト等していない学生
  • 専業主婦
  • 無職

当然ですが、無職の人はお金を借りるよりもアルバイトを探す方が先ですね。
どうやっても借りることはできませんので、今すぐなら何かを売ったりすることを考えた方がいいと思います。

 

次に、専業主婦の方は消費者金融のキャッシングは難しいので生命保険や定期預金担保貸付を先に検討しましょう。

 

銀行の定期預金担保貸付の場合、定期預金分を担保に今すぐお金を借りられるので便利ですが、定期預金合計額の90%までで上限200万円のところが多く、手軽なのでついつい追加で借りてしまいがちです。
しかし、借金は借金なので家計簿をつけて計画的に利用しなければなりません。

 

その他、一石二鳥な方法として家の中を整理しながら不要なものをリサイクルやフリマアプリで売るという方法もあります。

 

学生さんは、親の家族カードのような形で借りるのであれば銀行キャッシング、自身で借りたい場合はアルバイトなどをしてから申込みをしましょう。

 

ちなみに、学生さんの場合、アルバイトやパートは3ヶ月以上続けていないと審査に落ちる可能性があります。
最低でも3ヶ月〜半年は続けてから申込みをするようにしましょうね。

 

今すぐお金を借りたくても闇金はNG!

ブラックリストに入っていたり、すでに他社でお金を借りているため審査に通らなかったからといって、闇金からお金を借りることだけは絶対にいけません!
すぐに返済すれば問題ないと考えている人もいるかもしれませんが、闇金は一度関わってしまうと何度でもお金を貸そうとしてきます。
また、一度闇金からお金を借りたら、「お金を借りた過去がある」という記録は残りますので、他のキャッシングやカードローンの審査に通りにくくなります。
すぐに返済をしたとしても、闇金との関わりがあるというだけで他のローンの審査に影響が出る場合があります。
闇金とは絶対に関わらないようにしましょう。

 

ちなみに、闇金とはどのようなキャッシングのことを言うのでしょうか?

 

国や県に登録しているか

消費者金融業者として営業するためには、国や県に業者登録をしなければなりません。
登録されているかどうかはインターネットで検索することができますので、利用したい業者の番号があるかどうか確認してみましょう。

 

違法な金利を取っていないか?

金融業は、利息制限法という法律によって金利の上限が決まっています。

・元本10万円未満の場合・・・上限金利年20%
・元本10万円以上100万円未満の場合・・・上限金利年18%
・元本100万円以上の場合・・・上限金利15%

これを超える利息が設定されている場合は、闇金業者ということになります。
映画などで聞いたことがある、「トイチ」や「トサン」というのは、10日で1割、10日で3割、という恐ろしい金利のことを指しています。
今すぐ借りたいと思っている人は、このような恐ろしい利息でも借りてしまうことがあるんですね。

 

基本的にはこの2つのポイントが闇金のわかりやすいポイントなんですが、他にも色々と特徴があります。
名前を聞いたことがないキャッシングを検討している方は、以下のポイントを確認し、最後には登録番号を検索して見極めるようにしましょう。

 

気を付けるポイント
  • 年収の3分の1でも貸してくれる
  • 会社の固定電話がない
  • ブラックでも即日キャッシングができることをアピール
  • 「審査なし」「審査不要」などを謳っている

あなたに合ったキャッシング・カードローンは

 

今すぐお金を借りたら銀行キャッシングに借り換えよう

今すぐお金が必要な人は、銀行キャッシングでの契約は到底待てる時間ではないかもしれません。
しかし、一度そのお金を消費者金融の即日キャッシングで工面したら、その後はできる限り銀行キャッシングに乗り換えることをおすすめします。
なぜ、わざわざ契約した消費者金融を辞めて銀行キャッシングに乗り換えるべきなのか。
それには銀行と消費者金融それぞれのメリットとデメリットが関係しています。

 

銀行・消費者金融それぞれの特徴

銀行 消費者金融
  • とにかく低金利
  • 限度額が高額
  • 長期利用に向いている
  • 提携ATMが豊富
  • 安心感がある
  • 審査がスピーディ
  • その日のうちに契約できる
  • 土日や夜間でも契約できる
  • 無利息期間がある
  • 内緒で利用できる

銀行の特徴を見てもらうと、即日融資には向いていませんが、長期利用に向いていることが一目瞭然だと思います。
特に銀行カードローンの場合、誰かに秘密にしておく必要もなく、ある程度の年齢であれば誰しも利用したことがあるものなので、利用を隠しておく必要がありません。
つまり、慌てて利用するのではなく、いざというときのために準備しておくカードローンとして銀行はぴったりなんです。

 

では消費者金融は良くないのか、というとそういうわけではありません。
急に今すぐ必要になってしまった場合、消費者金融はそれが夜間でも土日でも利用することができます。
これは本当の緊急事態の時に非常に便利で助かることでもあります。
また、親や家族にバレずに利用したいお金だった場合、消費者金融なら請求書や明細書などの発行や郵送は一切ありません。
カードの発行がない場合もありますので、そういった意味ではとても便利なものであることは間違いありません。
緊急にお金が必要な場合、友人や知人に迷惑をかけることなく利用できるのが消費者金融のキャッシングです。

 

つまり、賢くキャッシングを利用する最大のポイントは、どうしても必要な時に消費者金融の即日キャッシングで契約し、返済することができる時期が来たら、銀行カードローンに乗り換えることです。そうすれば、いつまでも高い金利を払う必要もなく、賢くお金を利用することができます。
その時その時に必要なサービスを利用して、賢くお金を使うようにしましょう。