今すぐお金を借りたい時は

今すぐお金を借りたい時は

今、どうしてもお金が必要!
すぐにお金を借りる事ができないだろうか?
そう考えたことは、一度は皆さんあると思います。
今すぐお金が必要なとき、誰かに借りずになんとかしようと思ったらキャッシングが便利なんですが、キャッシングでも重要なのは、「すぐに借りられるかどうか」ということ。
契約してカードが届き、お金を借りることができるようになるまで1週間以上かかってしまったのではピンチを乗り切ることができません。

 

そこで当サイトでは、すぐにお金を借りたい時はどうすればいいのか、その方法を詳しくご紹介いたします。

 

今すぐお金を借りるための条件

今、お金が必要!となった時に助かるのが消費者金融のキャッシング。
キャッシングには、銀行や信販系などもありますが消費者金融がスピードにおいてはダントツで早いです。
しかし、誰でも今すぐお金を借りることができるわけではありません。
今すぐお金を借りるためには条件があります。

 

・安定した収入が自身にあるかどうか
・他社からの借り入れが年収の3分の1以上にならないか

 

お金を借りるためには審査がありますが、上記の2点が審査でチェックされ、条件を満たしていればお金を借りることができます。
自分自身に収入のない人は契約することができません。
また、現時点で3社以上のキャッシングやカードローンでお金を借りている方も難しいでしょう。
それ以外の方なら契約が可能です。正社員じゃなくても、アルバイトやパートでも問題ありません。

 

上記の条件を満たしている方がすぐにお金を借りるためには準備が必要です。

  • 夜20時頃までにはインターネットから申し込みをしておく
  • 書類のミスがないか確認しておく
  • 在籍確認が可能かどうか確認しておく

消費者金融の即日融資はほとんどが21時まで。21時までなら審査を受けることができ、その時間内に審査に通ればその日のうちにお金を借りることができます。間に合わない場合は翌日になります。
土日祝でも同じ時間までですので、すぐにお金を借りたい方は、とにかく21時までに本審査を受けるようにしましょう。

 

消費者金融は土日祝や夜間でも即日融資ができるんです

お金を借りる、お金のやり取りをする、となるとどうしても銀行と同じような営業時間をイメージしてしまいがちですが、消費者金融の契約やキャッシングは土日祝、夜間でもOK。場合によっては24時間365日お金を借りることができます。
審査も、土日祝も平日と同じように21時まで審査を行っています。
夜間も消費者金融では審査をしてくれているので、仕事が終わってから手続きしても間に合います。
ただし、在籍確認だけは必要なところが多いので気をつけましょう。
消費者金融が受けつけていても、会社の営業が終わっていては意味がありませんよね。
会社の営業が終わってしまっている場合や、土日祝は対応していない会社は在籍確認代わりに社員証や給与明細を持参しましょう。
中にはそれでも契約可能な消費者金融もありますので、前もって確認しておけば便利ですね。