即日キャッシング低金利・無利息。今すぐ借りたい時のおすすめは?

収入証明不要でキャッシングできるキャッシングを比較・まとめました!

キャッシングやカードローンの審査の申込には、収入をきちんと記入することが必須です。

でも、じつは、自己申請だけの収入証明無しでもお金を借りることができるということをご存知でしたか?

 

しかし、貸金業者やお金の借り方によっては、収入証明がどうしても必要なことも。
そこで、今回は収入証明なしのキャッシング・カードローンの利用方法を解説!
また、収入証明として使用できる書類の詳細や、サラリーマン、自営業者の場合の収入証明の方法なども併せて紹介しています!

 

収入証明がなくてもお金を借りるための利用方法とは?

まず、前提として、お金を借りる方法は大きく分けて2つあります。
それが、

 

  • 消費者金融のキャッシング
  • 銀行系カードローン

 

の2つです。
じつは、消費者金融から借りるか、銀行から借入するかによって、収入証明の提出の条件が異なります。
それぞれの収入証明の提出の有無やナシで借りられる条件をチェックしてみましょう。

 

消費者金融キャッシングの場合

消費者金融は、後述する「貸金業法の総量規制」の対象です。
言葉がちょっととっつきにくいので、詳しくは後で説明します。

 

この総量規制の対象となる消費者金融は、原則として、

 

  • 一社から50万円以上の限度額で借入を行う場合
  • 他社も合わせて100万円以上の借入を希望する場合

 

この2つのうち、どちらかひとつでも当てはまる場合は、収入証明を提出する必要があります。
逆を言えば、

 

  • 49万円以下の限度額で融資の希望を出す場合
  • 他社からの借入と追加希望融資額が合計で99万円以内

 

の場合は、収入証明なしでも借りられる可能性が高くなってくるということですね。

 

ちなみに、他社からの借入に銀行系カードローンや、銀行からの自動車ローン(マイカーローン)や住宅ローンなどの借入は含みません。
含まれるのは、クレジットカードのキャッシング(ショッピング利用を除く)と消費者金融からのキャッシングということになります。

 

銀行系カードローンの場合

消費者金融とは違い、銀行は貸金業法の対象外のため、全銀行一律で「○○万円以上は収入証明が必要」と決まっているわけではありません。
収入証明が求められる基準は銀行によって異なるので、申し込んでみないとわからない、というのが実情です。
金額が定められていない、ということは、同じ銀行に借入しても、申込者の年収や借り入れ状況によって、さまざまなパターンがあるということでもあります。

 

審査の基準はオープンになっていませんが、どちらかというと消費者金融より銀行系カードローンのほうが審査は厳しめです。
そのため、消費者金融よりも収入証明を求めてくることは多い、という声も多いのが事実です。
たとえば、銀行によっては、30万円以上の融資では必ず必要、勤続年数が短めの場合は必須、などという感じですね。
多くの銀行で、自営業者や法人代表者、外国籍の人は必須ということが多いでしょう。

 

消費者金融と銀行、どっちの貸金業者が借りやすい?

収入証明の必要・不必要だけで言えば、一社で50万円未満、他社も合わせて100万円未満の借入を希望している人は、消費者金融のほうが借りやすいということになります。

ただ、長い目で見て、消費者金融のほうがオススメかというと、そうでもないんですね。

 

貸金業者、借入先を選ぶ時には、ひとつの側面だけ見ずに、総合的に判断していくことが重要です。
なぜなら、お金は借りたら必ず返済しなければならないからです。
収入証明無しで借りられても、返済が大変になるようでは困ってしまいますよね。

 

たとえば銀行系カードローンは消費者金融よりも金利が低めに設定されていることがほとんどです。
つまり、元金に加えて返済しなければならない毎月の「利子(利息)」が安いということ。
お金を借りても、後々すぐに返済しきってしまえる人ならともかく、返済が長期間にわたる場合や、借入額が高額の人は数%の金利の違いが、大きな利息の違いを生みます。

 

また、たとえば消費者金融は銀行よりもお金をスピーディーに借りるのに適しています。
最短30分で審査完了、1時間以内に振り込みやカード発行可能なのはやはり消費者金融に限られているといってもいいでしょう。
即日融資を希望する人や、とにかく明日、明後日までに借りたいという明確な期限がある人には消費者金融は心強い味方です。
銀行は、まずはその銀行に口座を開設するところからはじめて、審査、借り入れまでは数日から数週間かかることもあります。

 

借りるときのことだけでなく、返済するときのことまで考えて借入先を選んでいきましょう♪

 

キャッシングに収入証明が必要な場合とは?

先ほど、消費者金融キャッシングと銀行系カードローンでそれぞれ収入証明無しで借りる条件を説明しましたが、これにあてはまらない場合もあります。
消費者金融でも、希望限度額が50万円未満でも絶対に収入証明が不要かというとそうではないんです。
ホームページや公式サイトに記載がなくても、収入証明を求められることはあります。

 

たとえば……

 

  • 勤続年数が短い
  • 有名な会社でないのに、年齢や勤続年数に対して不自然に収入が多い(少ない)
  • 他社からの借入総額と年収のバランスが良くない
  • 過去クレジットカードの引き落とし遅延などがある
  • 給与に歩合給が含まれる場合(特に歩合割合が多い場合)

 

などなど、つまり、審査を行う消費者金融や銀行側が「収入証明をとっておく必要がある」と判断した場合です。

 

銀行や消費者金融によっては、特定のサービスを利用するためには収入証明の提出が必要、というケースもあります。
たとえば、振込キャッシング(ネットキャッシング)の利用、口座振替による返済などの便利なサービスの利用条件として収入証明を求めるような場合です。

 

収入証明を出せない場合でも審査に通る可能性はある!

審査というと、合否がまずは気になるところですよね。
収入証明を出せますか?と審査中に言われた場合に、出せなくても審査を通過できることはあります。

 

たとえば、あなたが40万円の限度額で審査を申し込んだとしましょう。
審査する人が、「この年収と勤続年数だと、30万円くらいまでが妥当だけれど、さらに追加で収入証明があれば40万円貸すことも可能だな」と感じ、収入証明を求めてきたとします。
収入証明がないあなたは、収入証明の書類はなしで審査を進めます。
その場合は、限度額30万円で審査通過、というように、希望額どおりでなくても審査自体は問題なく通過することはできるわけです。

 

キャッシングやカードローンの審査は受験などとはちがい、限度額の減額などで対処できることもあります。
逆を言えば、収入証明を出すことで、限度額を引き上げることも可能ということ。
収入証明には、次で紹介するような書類を使用することができます。
持っているかどうか確認しておくと、審査の際にスムーズに思ったとおりの限度額を引き出せるかも!

 

収入証明として利用できる書類一覧(給与所得者・サラリーマン)

会社に所属し、給与を受け取っている人(正社員・契約社員・派遣社員・アルバイト・パートタイマー)は以下の書類が収入証明として利用できます。

 

  • 源泉徴収票(前年度分(最新のもの)
  • 給与明細書(直近2ヵ月分)

 

問題は、これらが手元にない場合ですよね。
会社にもよりますが、再発行してもらうことができる場合もありますので、勤務先の担当部署に問い合わせてみてもOKです。

 

そもそも、働いて給与を得ているにもかかわらず、これらの書類を受け取っていない場合もあきらめることはありません。
そのような場合には、住所のある地域を管轄する税務署に相談することで、会社側に書類の発行を促すことができます。

 

源泉徴収票や給与明細書は本来必ず給与受給者に対し発行しなくてはならないと法律で定められています。

 

税務署で「源泉徴収票不交付手続き」「給与支払明細書不交付手続き」をとることで、会社発行するよう指導が入るはずです。
もちろん、だれが手続きしたのかわからないようにすることが可能で、会社での立場が悪くなる、ということもありません。
ただ、指導から発行にはやはり時間がかかってしまうのは仕方がありません。

 

急ぎでお金を借りたい人が最短で発行できる収入証明は?

書類の発行・再発行までの数日〜数週間の時間が待てないすぐ借りたい人にも使える書類があります。

 

住所のある区役所・市役所・町役場で、”課税証明書(必ず発行可能な最新年度のもの)”を取得するという手です。
市町村によっては、所得証明書などと名称が異なることがありますが、窓口か電話で確認をすれば間違いありません。

 

課税証明書には、前年中の所得と、賦課した税額が記載されています。
手数料として300円が必要ですが、窓口に行けば当日に発行可能で、郵送でも取り付けが可能となっています。
お住いの住所のある市役所等に問い合わせをしてみましょう!

 

原則、収入証明無しで借りられることを明言しているキャッシング・カードローンは?

アコム

貸付利率(実質年率) 自動審査受付時間 メリット
3.0%〜18.0% 平日9:00〜21:00 30日間金利0円サービス(契約日の翌日から30日間)

パート・アルバイトでもOK!

アコムは申込みから契約までインターネットで手続き完了することができます。店頭窓口や自動契約機来店して手続きする場合でも、事前にインターネットで申し込んでおけば、来店時の手続き時間が短縮可能。

【特徴】
・3秒結果表示
(3秒診断は、借入をご検討される際の目安であり、実際のお借入時の審査結果と異なる場合があります。)
・はじめてでも来店不要
・スマートフォンの無料アプリがあるので収入証明の送付などが便利!

 

アイフル

貸付利率(実質年率) 自動審査受付時間 メリット
4.5%〜18.0% 9:00〜21:00 30日間金利0円サービス(契約日の翌日から30日間)
夜の即日融資のポイント

インターネットから申し込んで、20時30分頃までにに自動契約機へ。
審査時間は30分〜1時間なので、21時までに本審査を受ければ、21時45分までカード発行が可能です。
※自動契約機の営業時間は地域により異なります。まずは公式ホームページで近隣の自動契約機の営業時間を調べてください。

 

アコム、アイフルともに、最初に紹介したとおり、50万円未満の借入、他社からの借入総額100万円未満の場合は収入証明書無しで審査の申込が可能です。
また、人気の消費者金融プロミスも同様の扱いとなっています。

 

注意したいのが”SMBCモビット”です。
モビットは、アコム、アイフル、プロミスとちがい、収入証明の要・不要がHPに明記されていません。
そのため、50万円未満の融資、総額100万円未満の融資でも、より容易に収入証明を求められることが予想されます。
また、モビットでは口座振替による返済などのサービス利用のためにも収入証明が必須です。
収入証明を用意できない場合には、モビットは利用せず、ほかの消費者金融を候補にするとよいでしょう。

 

収入証明書が必要な理由

そもそも、どうしてキャッシングやカードローンの審査には収入証明が必要なのでしょうか。
もちろん申込者の収入を知ることが大前提ではありますが、そこには貸金業者に課せられた規制という側面もあるのです。

 

キャッシング・カードローンのルール「貸金業法」

2010年6月18日、日本の貸金業者に対し、貸付のルールを細かく厳格に定めた「貸金業法」が施行されました。

 

それまでは、利息制限法と出資法とふたつの法律で貸金業者を管理していました。
これにはグレーゾーン金利など、違法ではありながら罰則がない矛盾点が多く存在することなど問題点が多く、そこで登場したのが貸金業法です。

 

貸金業法が適用される貸金業者とは、消費者金融とクレジットカード会社を指します。
銀行や、信用金庫、信用組合、労働金庫は対象外で、これらは銀行法にて運営されています。

 

貸金業法のなかで、特に大きなルール改正・制定となったのが”総量規制”と呼ばれるルールです。

 

総量規制とは?

総量規制とは、

 

【貸金業者からの借入総額は年収の1/3(三分の一)まで】という決まりのことです。

 

法律で1/3と厳密に定められたため、消費者金融は年収の1/3を超えないかを必ず確認することが必要になりました。
この確認を怠り貸し付けを行うことは違法であり、貸付を行った貸金業者は違法業者と呼ばれます。
つまり、いくらでも収入証明なしで貸し付けを行う、という消費者金融はすべて、闇金やソフト闇金などの違法な業者ということ!
安全ではありませんので絶対に借りてはいけない借入先ということになります。

 

銀行は、総量規制の対象外のため、じつは収入証明を求めることを法律で決められているわけではありません。
しかし、もちろん銀行でも、収入が返済に足るものかどうかを確認したいですよね。
そのため、銀行ごとに独自の判断で収入証明の取り付けを行うわけです。

 

年収の申告は必ず本当の年収を記載しよう!

審査の申込をする際に、自分の年収で審査に通るか不安なのは誰しも同じです。
しかし、絶対に審査に通りたいからといって、虚偽の年収を申告するのは絶対にNGです!
消費者金融や銀行側は、ネットワークで提携しており、ウソの年収や、就業形態のウソは見破られてしまいます。
万が一借入に成功しても、その後ウソが発覚した場合、一括で返済を求められることになります。

 

年収の1/3までしか借りられない、という制限は、とくに年収がそう多くない場合不自由に感じることもありますよね。
しかし、これは、1/3以上の借入は返済ができない、自己破産などとりかえしのつかない状況に陥る可能性が高いからなのです。
つまりこれはわたしたちの生活や財産、ひいては人生を守る決まりでもあります。

 

消費者金融で借りる場合は、本当の年収の1/3まで。
それを念頭において、限度額を設定することを忘れないようにしましょう♪

 

申告する年収は税込み年収を記載しよう!

 

キャッシングやカードローンの申込に記載する年収とは、手取りではなく、額面のほう。
税金などが引かれる前の総額のことです。
つい手取りで計算して年収を書いてしまうと、本来なら問題ない限度額でも総量規制に引っ掛かってしまうこともあります。

 

意外と、手取りか税込年収かを確認するために収入証明を取り付けるというパターンは多いようです。
手間と時間をカットする意味でも、年収は税込年収を正しく入力しましょう!

 

収入証明=在籍確認ではない!

収入証明として給与明細書や源泉徴収票を提出した場合、そこには社名などが記載されています。

それで自分が勤めている証明ができればいいのですが、なかなかそうはいきません(^^;)

 

勤務先への電話による在籍確認は、収入証明を提出しても行われることがほとほとんどです。
電話でないと、わからないこともあります。
たとえば、傷病などを理由に長期休暇中、休職中でないか、産休で休んでいるのではないか、などという場合です。
給与明細が出ていても、給食状態、出社していない場合もあるため、”現在”在籍して出勤しているかを確認しているのですね。

 

電話による在籍確認のかわりに収入証明で代用できる場合はある

しかし、事情があって電話による在籍確認がとれない場合に、収入証明書で電話確認を代用できることもあります。
SMBCモビットは、WEB完結での申し込みで、収入証明書を在籍確認として使用できる旨がサイトに明記されている数少ない消費者金融です。
また、アコムやプロミス、アイフルなどでも、必ずOKというわけではないものの、電話でコールセンターに事情を説明することで書類による確認を依頼することができます。

 

では、事情とはどういう場合のことをさすのでしょう?

 

たとえば、土日が完全に休みの会社で、土日に即日融資を申し込むような場合は、電話が繋がらず在籍確認できませんよね。
そういう場合に、書類で在籍確認を済ませてもらったり、審査を仮通過にしてもらい、限度額を低くしたうえで借入OKにしてくれたり、というパターンがあります。

 

保険証だけでは在籍確認や収入証明はできない

勤めている場合、社名の入った保険証を持っている、という人が多いでしょう。
しかし、保険証単体では、在籍確認の書類や、収入証明書として利用することはできないことがほとんどです。
収入証明書類として提出できる、給与明細や源泉徴収票、を補完するものとして使用することができます。

 

電話での確認をしない、ということは、書類を複数そろえる必要が出てくるということでもあります。
特別な事情がない場合、在籍確認電話でしてしまったほうがずっとスムーズなことが多いでしょう。
在籍確認の電話連絡は、個人名で電話がかかるため、審査のための電話と職場に知られる心配はありません。

 

個人事業主・自営業者は収入証明が必須と考えてよし

フリーランス、個人事業主、自営業者の人がキャッシングやカードローンを利用する場合には、収入証明が必須となります。

給与所得者と異なり、収入が高くとも不安定であることがほとんどですので、こればかりは避けて通ることは難しいでしょう。
残念ながら、キャッシング・カードローンともに、自営業者に対しては審査が慎重に行われる傾向にあります。
なぜなら、自営業者は、本来不可である事業資金のための借入のためにキャッシングを行う危険性があるためです。

 

自営業者が使用できる収入証明一覧(給与所得者以外)

 

  • 確定申告書(前年度、取得できる最新のもの)
  • 税額通知書
  • 所得証明書

 

自営業者が利用しやすい所得証明はなんといっても確定申告書です。
必ず、発行できる最新年度を用意しましょう。
また、毎年6月にお手元に郵送される税額通知書などをキープしている場合、そちらも合わせて使用できます。
所得証明書は、住所のある市町村の役所で発行が可能です。

 

収入証明がとれない場合はどうする?

事業を立ち上げて一年未満の場合には、書類がそろわないことが予想されます。
はっきり言って、自営業、個人事業主で操業1年未満で借入に成功する可能性はかなり低いと言えそう……。
数か月では、たとえ収入があったとしても、安定しているとは言えないからです。
2,3年の実績ができるまで、コツコツと仕事を継続することで、自営業者でも借り入れは可能になりますよ!

 

専業主婦は配偶者の収入証明なしでお金を借りることは可能?

専業主婦(専業主夫)が借り入れができるのは、銀行系カードローンのみです。

なぜなら、総量規制の対象である消費者金融では、借入を行う本人に年収があることが求められるから。

 

また、残念ながら、すべての銀行が専業主婦の申込に対応しているわけではありません。
審査は、配偶者の年収を記載します。
申告のみでOK、収入証明不要のこともありますが、本人が申し込むよりも収入証明を求められるリスクは高いと思っておいたほうがいいですね。
審査に通ったとしても、限度額は本人申込より低めに設定されます。
ほとんどの場合、30万円前後、多くても50万円程度となります。

 

収入証明なしのキャッシング・カードローンまとめ

収入証明なしでお金を借りる方法、いかがだったでしょうか。
収入証明書類が手元にない、ということは多いですよね。
とくに、お急ぎでお金が必要、という場合は、手元に書類がそろうのを待つことができないこともあると思います。

 

そんなときは、収入証明書取り付けの基準がはっきりしている消費者金融で、
一社での限度額50万円未満、他社からの借入総額で100万円未満で申し込んでみましょう!

 

わたしも過去に収入証明が提出できずに困ったことがあります……。
わたしはアルバイトで年収が高くなかったため、銀行系カードローンは通用せず(^^;)
消費者金融で収入証明なしで借りられて非常に助かった経験があります♪

 

とはいえ、キャッシングやカードローンで大事なのは、借りるだけでなく、返済するときのこともしっかり考えておくこと。
金利の比較方法や注意点をトップページでまとめていますので、ぜひそちらもごらんくださいね♪

 

即日融資OKキャッシング・カードローンランキング