即日キャッシング低金利・無利息。今すぐ借りたい時のおすすめは?

アルバイトやパート、学生の女性でも借りられるキャッシング特集♪専業主婦はどうする?

女性は男性よりも急な出費が多いんです!

友人が結婚するたびに飛んでいくご祝儀、ファッションや美容にも最低限のお金がかかりますし、結婚が決まれば挙式や披露宴、新婚旅行、引っ越し費用……。
ライフステージの変化で子育てや教育のための学費にもお金がかかりますよね。

 

そんな女性ならではの「困った!」に対応できるのがカードローンキャッシングです。

 

誰にも迷惑をかけず、家族やご主人にも知られずにお金を借りる方法や、おすすめのキャッシング先をわかりやすく比較して紹介しています♪
じつは、わたしもお金を借りている女性のひとり。
女性ならではの目線で、女性にぴったりのレディースキャッシングの方法を徹底解説しちゃいます♪

 

専業主婦の人のためのお金を借りる方法は→☆コチラ☆

 

女性向けの借入先3選をチェックしてみよう!

お金を借りるための最初のステップが、お金を借りる借入先を選ぶことです。
これがまず何よりも重要!
なぜなら、借りるところによってサービスや審査のとおりやすさ、返済のしやすさも大きく変わってくるからです。

 

しかし、お金を借りたことがない女性のみなさまの中には、お金を借りるってどこから借りるの?という人も多いと思います。
(わたしがそうでした^^;)
お金を借りることができる会社は大きく分けて2つあります。

 

銀行系カードローン

銀行が運営しているキャッシングカードローンです。
銀行から借りる、とイメージがよいため、なんとなく消費者金融から借りるより安心というイメージがある人も多いかもしれません。

 

最大の特徴は、金利が低いこと!
つまり、返済の時にかかってくる利子の支払いが少な目に設定されているということです。

 

しかし、その反面、審査は少し厳しいと言われています。
正社員や派遣社員である程度同じところで勤続年数がある人向きといえるでしょう。
また、審査→契約までに時間がかかることが多いため、「今日中に、明日までになんとしてもお金を借りたい」という場合には向きません。

 

消費者金融キャッシング

消費者金融とは、お金を貸すための会社。
銀行のように貯金や積立は行っておらず、お金を貸すのが主な仕事です。
消費者金融と聞いてあまりピンとこない人も、アイフルやアコム、プロミス、モビットなどの広告やCMなら、TVなどでよくみかけるのではないでしょうか。
なんとなく、消費者金融というと「借金」というイメージが強いので、怖くて借りたくないという人も多いかもしれません。
しかし、大手消費者金融のバックについているのは大手銀行であって、いわゆるやくざや闇金ではありません!
危険や不安もなく、むしろレディースローンなどのサービスが充実しているという特徴があります。

 

最大の特徴は、とにかく早く借りられること!
スマホやパソコンなどから申し込めば、最短30分で審査が完了するため、お急ぎで借りたい人にもぴったりです。
また、アルバイトやパート、フリーター、派遣社員、フリーター、学生の人の申込も歓迎しているため、銀行系カードローンより間口が広く、借りやすいというメリットが。
さらに、銀行系カードローンにはない、一定期間返済につく利子が無料になる無利息キャンペーン・無利息期間があるのも特徴です。

 

唯一のデメリットは、少し金利が高いこと。
そのため、大きな金額のお金を借りて長期間にわたって返済していると、総額では銀行系カードローンよりも多くのお金が必要になってしまいます。

 

借入先は自分に合わせて選ぼう!

銀行系カードローンにも、消費者金融キャッシングにも、メリット・デメリットがあることがわかりますよね!

そこで大切なのは、ちゃんと自分に合ったところを選ぶことです。(あたりまえ?)


銀行系カードローンが向いている人
  • 正社員などで数年間は仕事を辞めずに続けている人
  • ある程度大きな金額(30万円以上〜)を借りて、少しずつ返済したい人
  • 周りの人にお金を借りていることを隠したくない人

 

有名&オススメ銀行系カードローン

東京三菱UFJ銀行 「バンクイック」

三井住友銀行 「三井住友カードローン」

みずほ銀行 「みずほ銀行カードローン」

 

そのほか、地域密着の地方銀行にも、各社カードローンが用意されていることも。
申込者の在住場所が限られていたりと制限がある場合もありますが、地方ならではの独自の貸し付けを行っていることもあります。

 

銀行系カードローンは、どこもそこまで金利に差はないことが多いです。
大手銀行であれば、コンビニATMや街中の提携ATMはおおむね使用することができます。
あなたが持っている銀行口座から借入先の銀行を選ぶというのも利便性がよくオススメです♪

 

消費者金融キャッシングが向いている人
  • 3万円・5万円・10万円・20万円くらいまでの返済期間が1年未満で済みそうな借り入れをしたい人
  • アルバイト(フリーター)の人
  • パートタイムの人
  • 勤続年数に自信がない人
  • 学生の人
  • 今日・明日・明後日など近日中急ぎで借りたい人
  • 1か月以内で返済できるので、無利息期間があるほうがいい人

 

有名&オススメ消費者金融キャッシング

アコム 「アコムレディースローン

アイフル 「レディースアイフル

 

消費者金融のキャッシング先選びで何より重要なところは、超大手の中から絶対選ぶこと!です。
街中にポスターなどで宣伝しているいわゆる街金など、個人や小さな消費者金融がやっているところからは絶対借りないようにしましょう。
超大手なら、法外な利子を請求したり、法外な取り立てをするようなことは絶対にありません。
しかし、小さいところは、まともなふりをした闇金である可能性もあります。

 

危険なところから借りてしまったら、あなたの生活、人生がめちゃくちゃになりかねません!
甘い言葉で誘われても、絶対にCMや電車広告で見たことがある消費者金融を選びましょう。

 

わたしがとくにオススメするのが、上記のアコムレディースローンレディースアイフルです。
どちらも、人にばれにくく、金利も高すぎず、また急ぎの融資にも対応しています。
また、コールセンターのスタッフも女性が選べるなど、細かな心配りが感じられるキャッシングです!
わたしも2社どちらも利用したことがありますが、返済のことや質問も気軽にできる雰囲気ですよ♪

 

迷ったら消費者金融のキャッシングがオススメ!

 

銀行系カードローンと消費者金融のキャッシングで迷ったら、わたしは消費者金融のキャッシングをおススメします。
自分がそうしたからというのもあるんですが、やはり女性向けで借りやすいのは消費者金融だと感じています。
銀行はどうしても女性向けの対応が徹底されていなかったり、アルバイトやパートだと審査に落ちてしまうことも多いと思います。
しかも、落ちた理由は教えてもらえないので、直しようもないですしね……。

 

それなら、最初は審査のハードルが低い消費者金融に申し込んで、勤続年数や収入に自信ができてから銀行系カードローンに申し込んだ方が安心ではないでしょうか。

 

そもそも、レディースキャッシングっていったい何?

初めてお金を借りるという女性のみなさんにぜひとも利用してもらいたいサービス、それが「レディースキャッシング」です。

女性ならではの疑問や心配をしっかりサポートしてもらえます。
もちろん、レディースローンだから追加料金が必要なこともありませんし、利用しない手はありません。

 

レディースローンとふつうのキャッシングローンの違い

男性が利用するふつうのキャッシングコースと、女性のためのレディースローンの違いをわかりやすく説明します。
はっきり言って、金利や手数料は全く同じで、女性だからと言って返済にディスカウントがあったり返済日が遅く設定されているようなことはありません。(あたりまえですね^^;)
じゃあ一体何がちがうの?と思いますよね。
でも、レディースローンにはもちろんちゃんとメリットがあるんですよ♪

 

 

それはズバリ、「コールセンターの電話サポートやメールのやりとりが完全女性による対応になる」ということ!!!

 

 

 

「……え、それだけ?」と思いましたか?(笑)

 

でもでも、ちょっと想像してみてください!

 

お金の悩みや返済の相談って、なんとなく男性にはしにくくないですか?
わたしは実際にお金を借りるうえでいろんな質問やお願いをコールセンターでしたのですが、女性だから気持ちをわかってくれるというか、ちゃんと受け止めてもらえてる感じがするんです。
たぶん、あれが男性だったら……事務的な内容しか話せないし、返済が厳しい!なんてことはとても言いにくいと思います。

 

男性がキャッシングするときの疑問や質問って、女性とはおそらくかなり違います。
男性はどちらかというと数字に強かったりしますよね。
でも、女性はお金を借りるということへのハードル自体がとても高いですし、周りにもお金を借りる方法なんて相談もしにくいわけです。
だから、わたしもそうだったのですが、はじめてキャッシングで融資をお願いしたときは、はっきり言って右も左もわからない!
借り方も、返し方も一から教えてほしかったですし、オトクな借入先を選ぶ余裕もないような状態でした。

  • 「会社に知られたくないから、バレないようにする方法はある?」
  • 「自宅に明細書や契約書が届いてしまったら家族にバレちゃう」
  • 「退職などで返済ができなくなった場合はどうしたらいいんだろう?」

わたしはこんな風にお金を借りることをすごく怖いことだと思っていました。
女性なら女性が疑問に思うこともなんとなく察して丁寧に教えてもらえるので、すっきり安心してお金を借りることができたんですね。

 

最初から手取り足取り教えてくれる女性オペレーターさんがいること、返済で躓いたときに一緒に考えてくれる人がいることは、とても心強いんです。

 

女性がお金を借りるときに重視したいポイント3つ

あなたがキャッシングにこれから申し込むときは、最低限この3つの条件を満たしているかチェックしてくださいね!

(めんどくさければ、先ほど紹介したアコムレディースローンレディースアイフルあたりを選んでおけば間違いありません♪)


スマホ一台でキャッシングできる”WEB完結”対応であること

最近のキャッシングでは、審査の申込〜キャッシングまでがお手元のスマホやパソコンだけでできるようになってきています。
まだ限られた消費者金融しか対応していないのですが、その便利さはずば抜けています。
とくに、申し込みの段階で、消費者金融の店舗や自動契約機(むじんくんなどの街中にあるボックス)に行かなくてもいいという利点は大きいですね。
だって、誰かにキャッシングしているところを見られる心配もありませんし、なんといっても手続きが早いんです!
最短で30分で審査が完了するところもありますので、とくに融資をできるだけ早くしてほしい人にはWEB完結は必須です。

 

消費者金融によっては、”WEB申込”や”WEB審査”などの名前で受け付けていることもありますよ♪

 

ネットキャッシングに対応していること

キャッシングやカードローンというと、専用のカードを使ってATMなどからお金を引き出す方法がメジャーですよね。
でも、もうひとつお金を借りる方法があるってご存知でしたか?
それが、「ネットキャッシング(振込キャッシング)」です。
その名の通り、ネットで指定した口座にそのままお金を振り込んでもらうことができます。

 

どこの消費者金融でもこのネットキャッシングに対応しているわけではありません。
また、提携のネット銀行口座だと24時間振り込んでくれるサービスを行っていることもありますので、ネットバンクに口座を持っている人はそこから消費者金融を選ぶという手もあります。

 

カードを持たずにキャッシングができると、カードを家族や配偶者、同僚などに見られる心配がありません。
内緒でキャッシングしたい人には必須の条件となります。

 

パートやアルバイトの人でも借りられる!正社員以外も申し込めるよ♪

わたしも当時そうだったんですが、アルバイトやパートだとお金を借りること自体が無理だと思い込んでしまっていたりします。

でも、じつは正社員でなくても、たとえ学生でも、自身で働いて収入を得ている人なら、キャッシングに申し込むことは可能なんです!

 

とはいえ、全員が融資を受けられるかというと、やはりそうではありません。
審査では、主に以下のようなポイントが総合的に判断されて、最終的な結果が出ます。

 

勤続年数

勤続年数とは、今の職場(バイト先、派遣先でも可)に勤め続けている期間のこと。
これが、働きはじめたばかりだったり、2〜3ヵ月という場合は、融資はやはり厳しいことが予想されます。
各社ボーダーラインは公表されていませんが、半年程度〜審査を通過できる可能性があると言えるでしょう。

 

職場への在籍確認がとれるかどうか

働いている職場(会社)に、申し込んだその人が本当に働いているかを確認するのが在籍確認です。
主な方法は、申し込み時に入力した会社の電話番号に電話をかけ、その人が在籍しているかを確認します。
電話は個人名でかかってくるため、審査のための電話と職場の人にバレることはありません。
また、本人が電話口に出れなくても問題がなく、職場に間違いなく在籍しているかどうかさえわかればすぐに電話は終わります。
一部、電話による在籍確認が難しい場合は、社名入りの健康保険証や源泉徴収票、給与明細などで在籍証明ができることもあります。
不安な人は、審査申し込み後に必ずコールセンターに確認をしましょう!

 

他社からの借入があるのか、ある場合は多すぎないか

やはりほかの金融機関や消費者金融からすでにお金をたくさん借りてる場合は融資にとおりにくくなります。
それから、クレジットカードの引き落としができていないような状況も、借入ブラック扱いになる可能性があります。

 

判断材料は、実際はもっと多岐にわたります。
たとえば持ち家か賃貸か、年齢は何歳か、いくら借りたいか(限度額)などですね。
やはり、最初は誰しも自分が審査に通るかどうかは不安だと思います。

 

そこで活用したいのが、各社が公式サイトで提供している”事前診断サービス”
本審査を申し込む前に、年齢・年収・他社からの借入状況などのごく簡単な質問に答えるだけで、自分が審査に通る可能性があるかないのかを簡単に表示してくれるんです♪

 

この事前診断の段階では、もし結果がダメでも、その結果は審査に影響しませんし、本名や連絡先などは一切不要ですので、ぜひお試ししてみてください。
もしだめなら、ちがう消費者金融で試してみるなどして、通る見込みが高いところに申し込むことができます。
消費者金融によっては、「3秒診断」「1秒診断」「自己診断」というような名目でサービスを提供していることもありますよ!

専業主婦でも借りられるキャッシングローンはあるの?

専業主婦でも、お金が借りたいこと、あると思います。

夫が失業して……
子供の学費が足りなくて……
ついつい買い物しすぎてしまって……
冠婚葬祭が相次いで……

そんなとき、専業主婦でもお金が借りられたら便利ですよね?

 

安心してください、専業主婦でもお金を借りる方法はあります。

 

しかし、実は専業主婦の人がお金を借りるのはけっこうハードルが高いんです
お金が一番借りやすい消費者金融のキャッシングは、実は専業主婦のキャッシングに対応していません。
なぜなら、消費者金融のキャッシングは、必ず「お金を借りる人本人」に収入があることを総量規制という法律で求められるためです。

 

総量規制とは

 

総量規制とは、貸金業法という消費者金融や融資を行う金融機関に定められている法律で、「融資を受けられる総額は、融資を受ける本人の年収の3分の1以内とする」という決まりのことを言います。
年収がゼロの専業主婦は、つまりお金が借りられないということになります。

 

現状、銀行系カードローンはこの総量規制の対象外となっています。
そのため、配偶者の収入でも申し込みが可能というわけです。
しかし、もちろんほとんどの銀行が配偶者の同意書を求めていたり、配偶者の年収や勤続年数はしっかりと考慮します。

 

専業主婦の人でも、毎月副業や内職で収入がある人で、課税証明書や確定申告書が用意できる人はもちろん申し込みの対象になります。
しかし、無収入の場合は申し込みをしても審査に通ることはやはりできないと思われます。

 

そこで活用できるのが、銀行系カードローンです!

 

銀行系カードローンは消費者金融のキャッシングとはちがい、配偶者が働いて収入を得ている場合は、その情報で申し込むことができることがあります。。
そう、できるところがある、というのがポイントで、はっきり言ってあまり多くはありません(^^;)
そのなかでも、配偶者の同意書無しでも融資が受けられる可能性があるのが、以下の2社です。

 

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンには、なんと専業主婦専用のコースが用意されています。
もちろん、返済の充てとなる、配偶者の収入や勤続年数はしっかりとみられますが、なんと専業主婦でも最大限度額50万円まで借りることができるんです♪

 

三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック

銀行系カードローンの中ではとてもめずらしく即日の融資に対応しています。
その代り、ネットキャッシングができないため、必ずキャッシングカードをつくり所持しなくてはならない点は注意しましょう!

 

まとめ

アルバイト、パート、学生、専業主婦の人、みなさんにお金を借りる方法がじつはある、ということがわかっていただけたと思います。

わたしも、アルバイトで勤続年数半年で申し込んだときは、審査に通るのか本当に不安で不安で……。
でも、そのときに勇気を出して審査に申し込んたことで、わたしは本当に助かったんです!
あの時、どうせアルバイトだから……、まだ半年しか働いていないし……、とあきらめていたら私はどうなっていたんだろうと思います(;;)

 

不安な人は、まずは気軽な気持ちで各サイトでお試しできる事前診断を試してみましょう!
そして、不安があったらまずはコールセンターに問い合わせてみて、話を聞いてもらうだけでも未来は開けるかもしれません。
審査の申込さえしてしまえば、あとはすぐに結果がわかります。

 

キャッシングローンを利用する人のなんと約4割は女性です。
お金を借りることは、めずらしいこと、恥ずかしいことではありません♪
今のキャッシングローンは女性でもとても借りやすくなっていますので、ぜひ申し込んでみてくださいね。

 

アコム 「アコムレディースローン

アイフル 「レディースアイフル